(368)雨を恨み、そして…。

※また愚痴らせてもらいます。

ロードバイクに関する拙いブログを書いている俺ですが、この1週間、ロードに乗っていない。
まったく。
「暇やなぁ。近くのサイクリングロードでも走ろうか」と思っても、そのタイミングで、雨。
遠出する計画もあったが、雨。

計画の1つは、墓参り。
以前、記事に記したが、うちの墓は大阪府でもかなり南寄り。
和歌山県に近い辺りにある。
適当に大阪市内まで走り、そこからのルートは26号線。
ひたすら南下する道だ。
「車道、狭いよなぁ」。
「交通量もそこそこあるよなぁ」。
「信号も多いよなぁ。多すぎるよなぁ」。
うんざりする。
が、「月に1回は墓参りに行こう」と決めたのは俺なので、行くしかない。
でも、雨。
結局、先月は電車に乗って行った。

2つ目の計画は、鳴門。
これまた以前にも記事に書いたが、俺は定期的に徳島県の鳴門に行く。
知り合いのNさんが釣りに行く際、一緒に車に乗せてもらってね。
ガソリン代と高速代を折半するが、俺にとって都合がいい。
たまには身近ではない所を走りたいので。

「久々やなぁ。鳴門からどこへ走ろうかなぁ」と考えていると、楽しくなる。
「もう1回、うだつの町並みに行こか。前はスズメバチが飛んできたせいで、ゆっくり観光でけへんかったけど、次は古い味わい深い町並みを見て回りたいなぁ」。
「いや、オーソドックスやけど(俺には)、いつも通り高松まで走るんもええよな。道がわかってるから地図見なくても走ることができる。クランクを回すのに集中できるんはサイクリングとして最高やな」。
ああでもないこうでもないと考えたところ、最近、YouTubeで讃岐うどんの動画を楽しんでいる俺としては、「鳴門から高松へ走ろう」となった。
確か、先々週ぐらいのことだったと思う。

で、ずっと讃岐うどんの口になっていたのだが、予定日(昨日4/1)は雨。
鳴門の天気予報を逐一チェックしていたが、やっぱり雨。
一昨日(3/31)、「雨やから延期にしましょう」とNさんからメールが入り、「そらそうやわな」と諦めた。

天気が良ければ鳴門から高松に向かっているはずの昨日(4/1)、特にすることも無かった。
雨のせいで鳴門行きは延期になり、予定は0。
「何もせず無駄な1日を過ごすのもあかんよなぁ」。
そう思い、昼前から洗濯。
すぐに終わってしまい、俺の定位置である布団に寝転がった。
なんとなくスマートフォンに手を伸ばすと、我がサイクリングチームのチームメイトBさんからメールが入っているではないか。
当たり前のように遅刻する上に、コミュニケーションを取ろうにも相手の気持ちを察することが出来ないBさん。
「不快感満載のメールちゃうか?」と警戒しながらも、恐る恐る読んでみる。
と、2行ほどのメールだった。
「今、鳴門を走っていますよね?春らしい景色を見掛けたら、写真を1枚撮って送って下さいね」。
「!?」。
今回の鳴門行きが延期になった件をBさんは知らない。
当然、悪気が無いのはわかっている。
が、なんかむかつく。
「このタイミングで?」。
「天性の間の悪さ。ほんま、ええ加減にしてくれよ」。
このままイライラしながら引きこもるのもなんなので、俺は電車に乗って元町に向かった。
ひとりで酒を飲みたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする