(98)サイクリング後、バックポケットに入れていたXPERIAがぶっ壊れる

サイクリングに出る前には、ルーティンがある。
サイクルウェアを着る。
アイウェア(グラサン)をかける。
ヘルメットを被る。
ビンディングシューズを履き、ダイヤルを回す。
そして、サイクルジャージのバックポケット(ジャージの背中に付いてる3分割されたポケット)に、ちょっとした荷物を入れる。
右端のポケットには、スマートフォン。
真ん中は、財布と鍵。
左端は、お守り。
特にこだわりがあるわけではないが、この配置じゃないと気がすまない。

ある日、近所のサイクリングロードを走り、家に着いた後、バックポケットからスマートフォンを取り出した。
LINEをチェックするために。
ところが、スマートフォンが、うまく操作できない。
「まさか、壊れてもた?」と不安を感じ、画面を見てみると、線が入っている。
「保護フィルムに髪の毛が入っているのかな?それとも、保護フィルム自体にヒビが入ったのかな?」と思い、剥がしてみた。
そして、「最悪」とつぶやく。
保護フィルムではなく、画面自体にヒビが入っているではないか。

サイクリングに出る前は、普通に操作できた。
また、サイクリング中、何かにぶつかり、バックポケットの中にあるスマートフォンに衝撃をあたえたということはない。
原因は何か?
俺のスマートフォンは、XPERIA Z5 premium。
画面が大きいことに魅力を感じ買ったのだが、その分、筐体も大きい。
小さいバックポケットに、大きいスマートフォンを無理に入れたことで、圧力が加えられ、ぶっ壊れてしまったのだろうか?
「ちょっと待て。今となっては、原因などどうでもいい。とにかく、今、俺がすべきことは、修理に出すことだ」。
俺は、ドコモショップに走った。

画面が割れたので、修理をお願いしたい旨、スタッフの方に伝える。
すると、スタッフが俺の契約内容を調べ、「お客様は、保障サービスに加入されていないので、修理代金のサポートができないのですが」とのこと。
しまった。
以前、必要無いと判断したオプションサービスを、とことん解約したのだ。
これは、必要だったのだ。

「費用は全額、自分で負担するということですね?でしたら、修理にいくら必要か、見積もりを出して頂けますか?」
俺は聞いてみた。
頭の中は、金のことばっかり。
無駄に金を使いたくない。
「正確な金額は、メーカーに出してからでないとわからないのですが…」と前置きをしてから、スタッフはこう言った。
「だいたいですが、800円から80,000円ぐらいですね」。
口には出さなかったが、「はぁ?」だ。
「なんで800から80,000やねん?なんで、一気に100倍やねん!?てか、下限~上限が100倍って、幅が広すぎるやろ!」と思い、ひっくり返りそうになった。
その日は、代替機を借りて、メーカーからの修理費用見積もりの報告を待つことにした。

数日後、ドコモショップから連絡が入る。
「80,000円です」。
やっぱり…。

※この記事は、2019年3月28日、俺が別のブログに投稿した文章を、加筆、修正したものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする