(169)広島旅行2日目。呉市~広島市。

広島市内に向けて、出発。
呉の街から西側のはずれに、広島方面に向かうトンネルがある。
魚見山トンネル。
俺は、トンネルが大嫌いだ。
本当に嫌いだ。
トンネル内は車の音が響くので恐怖心が煽られるし、音のせいなのか、普通の道よりも車が飛ばしているように感じられ、俺は命の危険を冒す心境で走らなくてはならない。
嫌だ。
かと言って、迂回するのも嫌だ。
なので、暗い中、路面が荒れていないかチェックしつつも、後ろから来る車に怯え、ゆっくりと魚見山トンネルの出口に進んだ。
外の明るい光が見え、まだ10㎞も走っていないのに、「広島への山場は乗りきった…」。
そんな気分になる。

少し走ると、またトンネル。
距離は大したことがなかった。
ただ、お椀型の天井から落ちる水滴が、カスクを被る俺の頭髪に染み込み、気持ち悪い思いをした。

左手に海、右手に山。
昨日から何時間も見た景色が、ここにもあった。
道の脇にあるガードレールにロードバイクを立て掛け、のんびりと景色を味わう。
俺より少し先の方に、釣りをしているおっちゃんが二人いる。
「何を釣ってるんですか?」などと声をかけるコミュニケーション能力は、俺には無い。
なんとなく屈伸してから、広島市内に向けて進むことにした。

海や山とともに、線路や電車も見える。
10年以上前、旅行で、この路線に乗ったことがあった。
「呉ポートピア」という駅があり、「ポートピアって、神戸以外にもあるんやなぁ」と、妙に勉強になったような気がした。
まぁ、その知識が活かされる局面に立たされたことは、今までに一度も無いが。

間もなく広島市内に入る。
広島市には、旅行で何度か訪れたが、広島駅から原爆ドーム辺りまでの風景しか知らない。
今回、広島市に向かって走り、郊外を見る機会を得たことは、俺にとって新しい経験になる。
ちなみに、この日まで、「呉市は広島市の隣に位置する」と思っていたが、今回のライドで「呉市と広島市の間に、坂町と海田町がある」ということを知った。
まぁ、この知識が活かされる局面に立たされることは、今後、一度も無いと思うが。

呉のホテルを出たのが、昼の0時。
広島市で予約しているホテルのチェックインは、昼の3時。
「どう考えても、早く着きすぎるよな」と思い、ホテルに向かう前に、原爆ドームを見学しよう。
ちょうど、広島市に住むロードチーム(知らない人たち)が、広島駅から原爆ドームを経由して、呉に行くルートをネットにアップしていたのを見付けた。
それをベースに、(呉方面から)逆に走ることにしよう。
時間や距離にうんざりすることなく、余裕をかまして広島市に進む。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする