(2)「趣味は自転車に乗ることです」と答えるようになったきっかけ

月に何度か、仕事の都合で役所に通う予定があった。
会社から役所まで電車で3駅。
歩いた場合は30分程度。
「3駅ぐらいの為に電車賃払うのもアホらしいなぁ」ということで、歩いて役所に向かったが、よく考えてみると時間がもったいない。
ならば、家から事務所に自転車を持ってきて、それを利用しよう。
いやいや、よくよく考えてみると、俺には自転車が無い。
以前、駅前にとめていたところ、撤去されて保管期限が過ぎていた。

関係の無い話だが、俺の家にはテレビが無い。
車も無い。
そもそも免許が無い。
当時、俺の家には、盗まれて困るものと言うと、プレステ2ぐらいしかなかった。

「ならば自転車を買おう」ということで、どのような自転車を買うか検討してみた。
以前、ママチャリを少しスポーツタイプにした自転車(撤去済み)に乗っていたのだが、次買うなら、もっとスポーティーな感じが良い。
役所に行く為だけではなく、趣味として近場を快適にサイクリングしたり、小旅行できるタイプの。

どの様な車種があるか?価格はどの程度か?また、それを近所の自転車屋で買えるのか?
ネットで調べたところ、どうもクロスバイクというものが俺のニーズにあうらしい。
値段は、5~6万円でそれなりのものが買えそうだ。
さらに調べたところ、歩いて行ける範囲に、5~6万円のクロスバイクを扱っている店があった。
「さっそく行ってみよう」ということで、さっそく行ってみて、さっそく買った。

店主のおっちゃんから、チューブの交換方法など教えてもらった後、店を出て少し走ってみる。
普段、高性能な自転車に乗らない俺にとって、まさに別世界だった。
速い、軽い。
路面をすべるような感覚。
「何㎞、何十㎞も走れる」。
そんな自信が湧いてくる。

2万円程度の自転車しか買ったことがない俺にとって、5万の自転車を買うのは少しの度胸が必要だったが、もう既に元が取れた気分。
休みの日、近くのサイクリングロードに行き、2時間で40㎞ほど走った。
汗でTシャツが胸に貼りつき、まわりから見たら不快かも知れないが、俺自身はたまらなく爽快だ。

家に帰って体重計に乗ってみると、2kg落ちていた。
「探していた『痩せるきっかけ』がここにあった」と、心の底から思った。
以後、「趣味は何ですか?」と聞かれると「自転車です」と答えている。
大事な大事な自転車は、大事に扱わないといけない。
家に帰っても駐輪場にとめず室内保管とし、コンビニに入る際も、盗まれないために早めに用事をすますよう心がけた。
当然、役所の駐輪場に10数分とめるのもご法度である。
盗まれるのが怖い。

結局、役所に歩いて行く日々が続くこととなったが、この時から、俺はやり直す。

※この記事は、2019年1月16日、俺が別のブログに投稿した文章を、加筆、修正したものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする