(320)西宮えびす(西宮神社)に向かって走る~Strava…~

数日前から左足の付け根が痛い。
すっごく痛い。
普通に歩いてても痛い。
日常生活に支障をきたすレベルだ。
「あぁ、せっかくの休みで天気もええのに、ロードバイクには乗られへんなぁ」。
そう思い、引きこもることにした。
が、なんとなくスマートフォンの天気予報アプリに目をやると、翌日から3日か4日連続で雨が降るそうで、「今すぐ乗らないといけない」、「今すぐ走らなくてはならない」と危機感を覚えた。
「よし、走るぞ」。

行き先はどこにするか考えたところ、足の痛みの問題もある。
「なるべく近所に」が賢明な選択だ。
ただ、「かと言って、近所で走って行きたい所も無いよなぁ」と思い、「西宮市 観光」で調べてみた。
スマホで。

盲点があった。
西宮えびすだ。
えびす様をお祀りする神社の総本山が、近所(片道7㎞~8㎞)にあるのだ。
「うん、久々に行こか」。
俺が西宮神社に参ったのは、随分と前。
熊手を返納せず放置したまま、もう10年ほど経つ(と思う)。

先日、「少し窮屈やな」と感じたサドルを5㎜ほど上げて家を出る。
「しっくりくるわぁ」と思いながらクランクを回していると、気持ちが乗ってきた。
左足の痛みも気にならない。

この日、俺が走る国道2号線(の西宮市から見て神戸市方面)は、渋滞はほぼ無く、また、路側帯が広いので走りやすかった。
路上駐車の車もそれほど気にならず、俺は突き進む。
電池を変えたばかりサイコンに目をやると、「30㎞」。
「時速30㎞、悪くないねぇ」。
信号に引っ掛かる度に速度は落ちたが、少し走れば、また時速30㎞。
大した距離を走るわけでもないし、「このペースを維持して西宮神社に行き、このペースを維持して家に帰ろう」。
目標を設定した。

普段は、平均時速をそれほど意識しない。
が、この日は意識しまくり。
と言うのも、スタートした後、Stravaを起動したからだ。
先日、大阪城に向かって走った際、絶望的な記録を叩き出したが、「今日の俺は違う」。
自信がみなぎる。

下ハンドルを強く握る。
信号に引っ掛かり、30㎞巡行は無理でも、それに近いスコアを叩き出すのだ。
サドルの高さをベストにしたからか、スムーズに脚が回る。
ガンガン走る。
ぐいぐい進む。
「いくら車が走っていようと、ここは俺のために与えられたステージだ」。
「俺こそ、今、世界の中心」。
そんな錯覚をする勢い。

前回のライドでStravaに汚点を残したが、今回は違う。
俺はお釣りがくるぐらいの数値を計測している。
胸を張って、これを全世界に公開す

「してはならない!」と思った。
帰り、家の近くまで来て、Stravaの「完了」を押そうとしたところ、一瞬、ポップアップが表示された。
「位置情報エラー?え?」。
おかしい。
西宮神社まで、往復で15㎞ほど走ったはずだが、記録された距離は「0.67㎞」。
平均時速は「3.7㎞/時」。
「何これ?」と素直に思う。
そして、「何じゃこれ!」と叫びそうになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする