(482)ロードの旅 また来たビワイチ~阪神武庫川駅へ~

7月中旬に人生初のビワイチ(北湖)に挑戦し、雨に悩まされスリップして自爆。
一応は走りきったが、転倒したせいで右手、右胸を負傷。
ブレーキを掛けることが難しく、低速で走り、かなりの時間を要した。
爽快感も達成感も乏しい結果に終わり、同行者のSさん(三重県在住 40代 男性)にも迷惑を掛けてしまい、俺としてはやりきれない気持ち。
と言うわけで、Sさんにメールし、「もう一度ビワイチを走りましょう」と誘ってみた。

「8月は仕事を休めないです」。
SさんにはSさんの都合があり、「それはそうやな」と思う。
が、「9月ならいける」と。
「有給休暇を取る」と。
メールのやりとりを続け、「なるべくなら(道に)人が少ない平日の方が嬉しいですね」と要望を出したところ、「9/4(金)ならいけます」と。

OK。
俺としては前乗りしたいし、走った後もゆっくりしたい。
そこで、9/3と9/4、守山駅の近くにあるホテル「ライズヴィル都賀山」に予約を入れた。
前回、ビワイチを走り終え、ボロボロになった俺の苦痛をホテルの人は感じてくれたのだろう。
俺の代わりに輪行バッグを担いでくれた。
その配慮に、今も感謝している。
だからこそ、「ビワイチと言えばライズヴィル都賀山以外に無い」。
これは決定事項なのだ。

決行日は決まった。
ホテルも決まった。
Sさんは、ビワイチの翌日(9/5)に用事があるため日帰りになるが、「とりあえず形はできたなぁ」と安心した。
が、数日してから「台風来てるで!」と。
「ちょっと待ってくれよ」と。

Sさんとのメールのやりとりが頻繁になった。
お互いに滋賀県の天気予報を確認し、「9/3と9/5は雨やけど、我々が走る9/4は雨じゃないですね」、「いや、9/4も雨になりましたよ」、「いや、また晴れになりました」、「いや、また雨マークに!」という感じに。
「参ったなぁ」。
本当にビワイチを走ることができるか不安になってくる。

「雨のビワイチは前回で懲りたので、雨の場合は不参加の方向で…」。
Sさんからメールがあり、俺も同意見。
あの悪夢はもう見たくない。
しかし、ホテルの予約は終えているし、キャンセルするのも面倒な気もするので、「行こう。Sさんが無理になっても俺ひとりで走ろう」と決意。
「天気予報なんかコロコロ変わる。9/4、晴れることを祈ろう」。

鼻炎の薬に亜鉛のサプリ、アンメルツ。
サコッシュ、カスク、ビンディングシューズ。
ソックス、半袖ジャージ、インナーウェアとパンツ。
スマートフォンの充電器にモバイルバッテリー。
荷物をバックパックに放り込んでいると、「何やこれ?」。
無くしたと思っていたグローブが、バックパックのサイドポケットから出てきた。
カビが生えていそうだが、「まぁ、ええか」。
もう一度サイドポケットに突っ込み、準備完了。

守山への移動日となる9/3、昼過ぎまで会社に顔を出した後、出発。
前回同様、ロードバイクに乗って、まずは阪神の武庫川駅に向かう。
「クソほど暑いよな…」。
10分~15分で着いたが、既に汗だく。
「もう帰りたい」と思う。

つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする