(6)「俺は何をしているのだろう?」と自問を繰り返した、明石への旅

ママチャリで、往復12時間かけて明石に行ったことがある。
俺の住む西宮市から明石市まで、往復約90㎞の道のり。
十数年前、西宮市でひとり暮らしを始めて、少したった頃の話だ。

当時、休みの日に時間があれば、大阪の梅田へ出て、職場の同僚や昔からの友人と遊んだ(引っ越した先には、友人などひとりもいなかった)。
その日も、たまたま土日連休がとれたので、梅田で同僚と土曜の夜を過ごした。
飲み会も終盤になり、「明日も休みやけど、なんも予定ない。どうしょうかぁ」と考えていると、ふと、「自転車で遠出しよう」という気分になる。
金はかからない。
体動かせて健康的。
暇つぶしにもなる。
そう考えてみると、いいことづくめではないか。

飲み会の帰り、普通の書店より遅くまで開いてる信長書店に寄り、兵庫県の地図を買う。
俺がここでエロ本以外の本を買ったのは、最初で最後だ。
地図を読み、家からママチャリで行ける現実的に可能な範囲で、達成感を感じれる町を調べた。
明石にしよう。
俺は城巡りが好きなので、明石城を目指して進むのだ。

翌朝、早朝から出発。
芦屋市、神戸市を経て明石市に向かう国道2号線は、この時間、車も歩行者も少ない。
神戸に入ったあたりで、車にはねられた黒猫をつまんでいるカラスの群れを見た。
「朝っぱらから縁起悪いもんを見てもうたぁ…」。

気を取り直して、2号線を突き進み、須磨まで来た。
俺としては、道なりに走ってきたつもりだったが、いつの間にか住宅街の狭い道をくねくねと進み、目の前に海岸の景色が広がる。
シーズンオフなので、水着姿の人など誰ひとりいない。
そんな中、自転車をひいて、ひとり砂浜を歩く俺。
まわりからは、何者に見えただろうか?

右手に山、左手に海、断崖。
須磨浦公園を横切り、なんとか明石城に着いた。
天守閣が無いお城なので、櫓を見上げ、観察する。
飽きた。
そして、ベンチでひとり佇む。
「俺、何してるんやろ?」。
帰ることにした。

帰り道、精神的にも肉体的にも疲れ、休憩したくなる。
神戸の長田辺りにあるパチンコ屋に寄った。
30~40分ほど打ち、あっさり5千円負け。
自分が何をしているのか、何がしたいのか、段々とわからなくなってくる。

三ノ宮では、特に用事もないのに電気屋に寄った。
パソコンのソフト売り場をうろついてると、「信長の野望 天下創世 PK」発見。
このシリーズ、大好き。
小6の頃からやっている。
迷うことなく買った。
仕事が忙しかったりいろいろあって、越すのに10年かかったが、自分の中では傑作だ。
夕方、やっと家に着く。
明日の筋肉痛に不安を感じながら、徹底的にゴロゴロした。

以上が、十数年前、初めて自転車で明石に行った時の思い出。
その後、クロスバイクを買ってからは、快適に、順調に何度も明石には行ったが、それについての思い出は薄い。
おそらく、辛く情けない自転車旅行ほど、思い出に残るのだと思う。

※この記事は、2019年1月18日、俺が別のブログに投稿した文章を、加筆、修正したものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする