(592)ロードバイクに乗って川西方面へ-5

川西能勢口駅のすぐ近く、「農家のおにぎり屋」に入店。
と同時に、チラッ。
後ろを振り返る。
店の外、のぼりに立て掛けたロードバイクが盗難に遭うかも知れない。
警戒を緩めず、マメに確認しなければ。

ショーケースには、一部売り切れもあるようだが、10種類ほどのおにぎりが並べられており、どれもこれも美味そうに感じる。
反射的に、「片っ端から買って帰りたいわ」という気にもなったが、現実的に考えておにぎりを10個も食えない。
なら、適正な数量を考えなければならないね。
店員のおばちゃんを待たせないよう集中し、早急に結論を出そう。
「うん。とりあえず、3や。3つに絞ろうか」。

またチラッと外に目をやった後、何を選択するか考える。
で、「これだけは外したくない」と判断したのが、「奥三田米の塩にぎり」。
普段、コンビニでおにぎりを買うが、「なるべくシンプルなのがいい」といつも思う。
俺なりにこだわりがあるのだ。
と言うわけで、塩にぎりは正解。
外せない。
次。
名前は忘れたが、胡麻のおにぎり。
塩にぎり同様、なるべくシンプルなのがいい。
3枠中の2枠は埋まった。
次。
「ちょっとはパンチの効いたやつがあってもええな」と、「牛佃煮おにぎり」。
選択終了。
おばちゃんに注文しつつも、外に目をやる。
ロードが盗難に遭うかも知れない。
マメに確認しよう。

精算すると、500円ちょい。
コンビニよりもこだわったおにぎりでこの値段…なら、余裕でアリだ。
帰ってビールでも飲みながら一緒に食べようと思う。

店を出て「さぁ、帰ろか」とサドルを跨ごうとしたが、「あ、忘れてたわ」。
この日、俺はStravaを起動していたため、データ通信量に懸念を感じポケットWi-Fiを携帯したのだ。
「はい、Wi-Fi ON」。
おにぎりをバッグに詰め、ビンディングペダルにクリートをはめる。
「さぁ、行こか」。
クランクを回す。

ちなみに、帰ってからStravaを確認したところ、「平均時速42.6㎞/h!?」。
「やっぱり、俺には秘めた才能があったんやなぁ」と思ったが、まぁ、そんなわけがない。
走行距離も「せいぜい40㎞やろ」なのに、「93㎞」。
「おかしいな」とルートマップを確認する。
と、何故か出発地点が神戸の湊川辺りになっているではないか。
実際のルートは、俺が住む西宮市から北に位置する川西市へ進んだわけで、西にある神戸市には足を一歩も踏み入れていない。
「俺は酔っ払ってたんか?謎やな」。
で、考えてみると、「おにぎり屋の前でWi-Fiを起動したのが切っ掛けになって、Stravaがおかしくなったんやわ」と結論に至った。
まぁ、どうでもええけど。

つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする