(595)ロードバイクに乗って川西方面へ-8

交通量の多さと信号待ちにイライラするのは、もううんざり。
帰り道は、ストレスをなるべく溜めずに走りたい。
ならば、車も無ければ信号も無い、武庫川サイクリングロードをルートに絡めよう。
と言うわけで、まずは武庫川サイクリングロードが通る宝塚に出たい。
Google Mapを確認すると、「何や。今おる道を真っ直ぐ西に進むだけやんけ」。 

JR宝塚線と並行する道路。
走り行く電車を横目にクランクを回す。
「そっれにしても味気無いよなぁ」。
四国や中国地方に遠出した際は、電車を見るたびに「ここは1枚、写真でも撮ろうか」という気分になったが、京阪神のJRに対しては見慣れているせいだろう。
グッとこない。

帰ってから調べたところ、俺が走るこの道は、176号線というらしい。
「はいはい、あれかぁ。『いなろく』って言葉、聞いたことあるわぁ」。
まぁ、それはそれとして、「ここも走りにくよなぁ」。
溜め息が出る。
特に交通量が多いわけではないが、道が狭い。
俺を抜き去る車に、「邪魔になってすみません」と何度も謝ったよ(心の中で)。

川西から宝塚の間は、俺が住む阪神沿線とは違い、山がすぐ近くに見え、町自体が自然とほどよく調和しているように感じられた。できることなら、景色に目を向けて山の香を運ぶ風を味わいたい…ところだが、俺は鼻炎。
また、景色を目で楽しもうにも、後方の車に気を使ってしまう。
ちんたら走っている場合ではない。
「迷惑にならんようになるべく速く…、いや、全速力で走るしかないな」。
「もう買って3年か…。ついにARIAの本領を発揮する時が訪れたわ」。
ハンドルを強く握る。

ゴングが鳴った(脳内で)。
そして「集中、集中」。
自分にそう言い聞かせ、105のクランクをへし折る(わけがないけど)パワーで俺は脚を回した。
が、30mほど進んだところで赤信号。
停止。

信号が青に変わる。
気を取り直し、「パワー!!!!!!」。
で、すぐに赤信号。
停止。

「集中、集中」。
再度、自分に言い聞かせ、少し進むと赤信号。
停止。

「パワー!!!!!!」。
赤信号。
停止…。

「パワー!!!!!!」。
停止…。

「もしかして、俺、おちょくられてんのかな?」。
「はぁ、なんかね、生きていること自体に煩わしさを感じてきましたよ…」。
「そっれにしてもさぁ、まだ繰り返すんか?これを…」。
赤を灯す信号をしばらく見詰め、「もうええやろ…」。
歩道に上がり、西に向けてゆっくりとクランクを回し始める俺。

つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする