(132)サコッシュを引っ提げて走る。鳴門徳島サイクリングロード-1

俺が面倒くさがり屋なだけなのか、サイクリングを趣味にすると、「めんどくさー!」と叫びたくなることが、ちょくちょくある。

まず、サイクリングに出るところからして、面倒くさい。
インナーを着て、その上からジャージを羽織り、ファスナーを閉める。
ソックスを履いて、インナーパンツを履いて、その上からバイカーズパンツを履いて…。
グローブをはめて、アイウェアをかけて、ヘルメットを被って…。
ビンディングシューズを履いて、ダイヤルを回して、足とフィットさせて…。
遠出する時は、リュックに輪行バッグを入れて、ゴジラのチェーンを巻いて無理矢理詰めて…。
あと、ボトルに水を入れて…。
面倒くさいわ!

コンビニに寄る時は、ビンディングシューズにクリートカバーをはめ(歩行により、クリートが痛むのを防ぐ)、ボトルをリュックに入れ(いたずらされるのが嫌)、ヘルメットを脱ぎ、グローブをポケットに入れる…。
ライトを外し(盗難防止。そこそこ高いライトを使っているので)、サイクルコンピューターも外し、ロードにチェーンを巻き…と、コンビニに寄るだけでもいちいち面倒くさい。

俺なりに工夫して、少しでも簡素化できないものかと考えたところ、リュックを排除することにした。

俺が使っているSHIMANOのリュックは、ポケットが多いし、アイウェアやヘルメットを引っかける機能もあり、ロードに乗る人目線で作られた、優しく高性能なリュックだと思う。
ただ、ずっと使っていると、その親切設計が面倒くさく感じるようになった。
ロングライドをすると、コンビニに寄る度に何度もファスナーを開け閉めし、物の出し入れをしなくてはいけない。
あぁ、面倒くさい。

「よし、ここは、思いってサコッシュを使おう!」。
宿泊を想定したサイクリングなら、着替えがいるので容量の大きいリュックがベストだが、日帰りロングライドはサコッシュで十分。
そう、思い切ることにした。

こういうこともあろうかと(後出しじゃんけんだが)、既にサコッシュをひとつ買っていたのだ。
UCIワールドチームのサコッシュ。
ウエムラサイクルパーツで買い物をしている時に見かけて、「格好ええやん!」と、ノリで買ってしまった。

サコッシュは、リュックに比べると小型なので、詰め込める荷物の量に限界がある。
盗難防止用のチェーンは、肩からぶら下げるとして、適当な荷物は、雑にサコッシュに詰め込もう。
そう思い、ロングライドに行こうとしたところ、部屋が散らかりすぎてて、サコッシュを紛失した。
今も部屋のどこかに潜んでいると思う。
グッバイ、サコッシュ。
新しいサコッシュを買うよ。
千円ぐらいやし。

と言うわけで、楽天でサコッシュを注文した。
新サコッシュと俺の旅が、今、始まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする