(648)ロードバイクと共に三重県へ行こう~このブログの現実を話す~

カウンターに肘をつき、グラスを片手に辺りを見回す。
ハイボールを飲みながら、Sさん(40代 男性 三重県在住の同行者)との会話に夢中になっていたが、いつの間にか店内は満席。
会計を終えたお客さんの席が空くと、またすぐに新たなお客さんが席に座る。
「Sさんがわざわざ予約した意味がわかるわぁ」。
そう思い頷いていると、Sさんが話し掛けてきた。

「krmさんのブログ、すごく読まれてるでしょ?」。
「?」。
俺は記事を投稿するたびにブログの管理画面を開くが、いつも読んでくれている人は20人ぐらいかと思う。
少ないながらも、その人たちには感謝しかないのだが、ブログを客観的に見て、また、どう贔屓目に見ても「すごく」は読まれていない。
600以上の記事を書いてこの結果なら、ほぼ死にかけのブログだろう。

「あ、Sさんはおちょくる意味で『すごく読まれてる』と言ったのか」と勘繰り、それに乗って「はい。有り難いことにローマ教皇も読んでくれてますよ」と言おうとしたが、ちょっと待て。
俺なりにSさんの人柄を理解しているつもりだ。
人をおちょくるようなことは言わない人だ。
ということは、「まさか、この人、本気で人気ブログと思ってんのか?」。

「同じもの(ブログ)を見ても、読む側と書く側じゃ印象が違うもんなんかぁ」と不思議に思いつつ、「日の目を見ることがないブログですよ。いつも読んでくれてる人は20人。不人気です」。
実態を伝える。
「そうなんですか」。
どうかんがえても「はい」と答えるしかないので、「はい」と答えた後、ふと思い出した。
「読んでくれる人は少ないですけど、この前、『書き続けてよかったなぁ』と思うことがひとつありましたわぁ」。

日の目を見ることがないブログに、これまた日の目を見ることがないページがある。
それは、問い合わせフォームだ。
「この前、記事にも書きましたが、ブログを通してメールが来たんですよ。2人目ですわ。Jさんという人から」。
ちなみに、1人目はSさん。
世の中には、物好きな人が一定数いるようだ。

「Jさんという人は、どんな人なんですか?」。
「阪神間に住んでる人なんで、自分とは家もそれなりに近いところやと思うし、同じサイクリングロードを走ってるから親近感は湧きますねぇ」。
「一緒に走ったりするんですか?」。
「走る時間帯が違うので、会ったことはないです。でも、面白い人なんちゃうかなぁとは思います」。
「ほぅ」。
「何かね、夜中に『アワイチに挑戦するぞ』ってテンションが上がって、朝方、車で淡路島に向かったそうなんです」。
「はい」。
「で、島の北側の駐車場に車を停めて、ロードでスタート。南端の山岳地帯に進んだのですが、一発目の山でリタイアしたと」。
「面白そうな人ですねぇ」。
「叩いたら、なんぼでもネタが出てくる気配を感じますね」。

Jさんについて話していると、「そこそこ飲んだしラーメン食いたいなぁ」という気分になった。
普段は、飲んだ後にラーメン屋へ寄る…のは封印しているのだが、旅先だ。
少しぐらい旅先で羽目を外してもいいだろう。
「Sさん、ラーメン屋に行きませんか?」。
「いいですねぇ。前にラーメン屋やったところが潰れて、同じ場所にまた新しいラーメン屋ができたんですけど、新しい方は行ったことがないので行きましょう」。

会計を済ませ、店を出る。
「久々やわぁ。今日は久々にゆっくり飲めたわぁ」。
コロナのせいで、日常的に立ち寄る近所の飲み屋(兵庫県西宮市)は時短営業。
ゆっくり飲めない日々が続いていたので、余計に感じた。
「ほんま、伊勢に来てよかったわぁ」。

アルコールが入ったおかげだろう。
足首の違和感は緩和され、SPD-SLシューズを履いて歩くのも苦痛ではない。
カッカッ…、カッカッカッ…。
ラーメン屋に向けて、夜の伊勢を歩く。

つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. v v さん より:

    いつも読ませてもらってる20人?の一人です。心の中の一人ツッコミが大好きででいつもクスッとなりながら読んでます。
    人のブログに対してコメントを書くこと自体初めてなのですが、読んでることを伝えたくて書きました(笑)

    • krm より:

      コメント有難うございます。
      600以上の記事を書いていると、外国からの悪質なコメントスパムは数多く頂くのですが、実際にブログを読んでくれている方からのコメントはvvさんが初めてです。
      「良心的なコメントがついに来た!」と有頂天になり、先ほどからブログの管理画面を開いて、「コメントの承認と返信って、どう操作するんやろ?」と悩みながらこの返信を書いています。
      何しろ、本当に初めてのことなので。

      心の中のひとりつっこみ、確かにやってますね。
      「~~した。心の中で…」とか、心の中で完結しているだけで、実際には何もしてないケースも多いと思います。
      これからも、自己完結しているだけの内容が当たり前のように続くと思いますが、読んで頂けると嬉しいです。

      いやぁ、このブログに…、ついにコメントが…。
      嬉しい…。
      余韻に浸らせてもらいます。

      以上です。