(838)Bianchi ARIAに乗って姫路へ~複雑な心境で出発~

2号線を西へ、姫路に向けてクランクを回す。
俺が住む西宮から姫路まで、約80㎞。
日帰りで往復できる距離だ。
が、違う。
「ちょっとした旅をしようよ」
西宮も姫路も同じ兵庫県内なので、違和感を覚えつつもホテルを予約。
10月の終わり頃より仕事に追われていた俺からすると、 距離は関係無いのだ。
のんびり走って1泊したい。
旅行気分を味わいたい。

そう、のんきに旅行したいわけだ。
しかし、不運なことに、出発の2日前だったか3日前、まん防発令。
「うっわぁ…」
ネットのニュースでコロナの感染者数がどうの…と報道されているのは知っていたが、知らない振り。
「俺の楽しみを奪わないで…」と思いながら。

俺には用事がある。
姫路に用事がある。
やり残したことがあるのだ。

以前、まだクロスバイクに乗っていた頃、「
BRIDGESTONE ORDINAに乗って、姫路1泊2日の旅!」を決行した。
確か、途中で雪が降った日だったと思う。
まぁ、どうでもいい話なので、記事にしたかどうかは忘れた。
あ、ちなみに、今から始まる話もどうでもいい話ですよ。

まぁ、いい。
話を進める。
クロスバイクに乗って姫路へ…の後、俺は反省した。
「事前に調べて、情報を得てたらなぁ…」と反省した。
反省点は以下の2つ。

(1)姫路明石自転車道線を走らなかったこと。
(2)ご当地グルメ「姫路おでん」を食べなかったこと。

本当に反省している。
自分の愚かさを痛感した次第。
というわけで、今回は上記2点を達成したく、俺はクランクを回している。

ただ、姫路を目指し進みながらも、後ろめたさを感じる。
どうも、「まん延防止等重点措置法」が気になる。
サイクリングロードを走ることや、おでんを食うことが、必要であり緊急なことか?
違う。
どう考えても違う。
おかしい。

なら、自分なりに納得のいく答えを出そう。
そうだ。
俺はたまたま近所のスーパーに行くノリでサドルに跨がった。
何故かバックパックに輪行バッグが入っているが、そういう日もある(経験したこと無いけど)。
で、気持ち良く脚を回していると、「えぇ!?姫路まで来てもうた!」。
目ん玉が飛び出そうになる俺。
「遠くまで来てもうたなぁ。疲れた…」のタイミングで、たまたま目の前にホテルが…。
ここまではOKだ。
しかし、たまたま目の前にあったホテルを数日前に予約しているのはおかしい。
無理がある。
この矛盾点に対し、自分なりにどう決着をつけるか?
「うん、今回のテーマやな」
そう思いながら前を向いた(後になって、すっかり忘れるけど)。

あと、後ろめたさ…では無いが、仕事が気になる。
一応、姫路まで走って1泊し、西宮の家まで走って帰る予定ではいる。
もちろん、休みは確保した。
ただ、状況が変わる可能性も。
「KRMさん、ちょっとお願いが…」と連絡が入るかも知れない。
俺の中で思い描いている旅ができるのか…少し不安だ。

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする