(839)Bianchi ARIAに乗って姫路へ~いつも通り、大した話ではない~

聞いてくれ。
今回のライドにおいて、俺は縛りを設けている。
「おい、唐突に何を言い出すんや?」とあなたは思ったのかも知れないが、まぁ、聞いてくれ。
いつも通り、大した話ではない。

縛り。
それは、「速度は出ないが、インナーで走る」だ。
何も、西宮から姫路までとんでもない登りがあるというわけではない。
ほとんど平坦。
また、「どこまでケイデンスを上げ続けられるか?」と試みる…気があるわけでもない。
微塵も無い。
でも、インナーで走り続ける。

何故?
インナーにこだわる理由は何?
誰も聞いていないが、語りたいと思う。

それは、家を出てしばらく走り、左手の指を動かした際、フロントが切り替わらなかった。
整備を怠った報いだ。
家に戻り、ロードバイクをスタンドに立てて調整したい。
ただ、時間が気になる。
実は、スタートした時点で、予定より2時間も遅れていた。

何故?
何故、遅れたか?
何も、急に仕事の予定が入ったわけではない。
単に、布団の上でゴロゴロしていただけだ。

まぁ、予定より遅れていても…だ。
姫路まで約80㎞。
走行時間など知れている。
慌てるほどではない(後々、痛い目に合うが)。
一度、家に戻って調整すればいい。

しかし…だ。
どうも気に入らない。
「出発したのに家に戻る」という行為が気に入らない。
というわけで、俺はインナーで走る(しかない)。

さて、西宮から芦屋に入る。
と、赤信号。
信号待ちの間、車道の左端でスマートフォンを構え、ブログに掲載する写真を撮影。
「うっわぁ…」
すごく嫌な気分。
「あぁ…。明石まで、これが続くんやろなぁ…」

スマホの撮影画面を通して見える景色には、歩行者と車が見受けられる。
まぁ、人々が普通に、当たり前に生活している景色だ。
が、面倒くさい。
これが後になって面倒くさい。

以前にも記事に書いたと思う。
ライド中に撮った写真をブログに掲載する時、そこに写る歩行者の顔や車のナンバープレートにボカシを入れる作業が発生する。
交通量も人通りも少ない写真なら、作業の負担は少ないが、大都会ではないにせよ、そこそこの町にはそこそこの車と歩行者がおり、作業もそこそこ…。
「ブログを投稿する時、面倒くさなるなぁ…」
「こんな3人ぐらいしか読んでないブログに、そこまでする必要あるか…?」
「あぁ…」

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする