(903)何となく尼っ子リンリンロードを走る~愚痴と前置き~

俺は、40代独身男性。
中途半端に仕事に追われ、冴えない日々を送っている。

ではなく、冴えないながらも…だ。
休みの日はサイクリングロードを走り、汗を掻いた後に王将に行って餃子とビール。
それで細やかな幸せを感じている。
が、たまに思う。
餃子のタレに、少し酢を足しながら思う。
「もうちょい大きな幸せを感じたいなぁ」と。

もうちょい大きな幸せ。
具体的に言うと…だ。
まぁ、大して贅沢なことではない。
月に1回でいい。
ロードバイクに乗って1泊2日の旅をしたい。
そんなもんだ。
しかし、現実が許してくれない。
中途半端に仕事の予定が入り、連休が取れない。

「前に連休取って、ロードの旅に出たんはいつやったかなぁ?」
考えてみると、1月の末。
姫路に行った時だ。
だっるい道のりを走り、それをブログ記事に落とし込む作業もだるかった。
読んでいる人も、退屈に感じたと思う。
かなり。

まぁ、いい。
それはいい。
話を進める。
連休が取れないため、遠出したくてもできない。
ロードの旅に出れない。
が、俺の中に細やかな希望があった。
それは、GW(ゴールデンウィーク)。

「GW中やったら、さすがに連休取れるやろ」
無理だった。
数日の休みは確保できたが、連休は無理。
まるで嫌がらせのようなスケジュールを目の当たりにし、「良くできてるよなぁ」と感心したものだ。
皮肉を込めて。

「まぁ、GW中に連休取られへんのは、却って良かったんちゃうか?」
「そうやなぁ。どこ行っても混んでるし、ホテルも高いし」
「仕事が落ち着いてから、旅に出よう」
「うん。ホテルが安くなってる時に、ロードの旅に出よう」

と、俺にとってGW最初の休日、愚痴を言い、自分を慰めながら武庫川サイクリングロードを走っていると、「何か違うよなぁ」。
違和感を覚える。
一応、世間はGWなのだ。
俺なりに、普段とは違う休日を過ごしたい。
サイクリングロード→王将は避けたい。

「どうしょうか?」
「もうちょい走ろ」
「どこへ?」
考える。
サイクリングロードの南端から少し南西に進むと、「阪神しまなみ海道」。
西宮、芦屋、神戸の人工島を結ぶ橋。
海を眺めながら、それを渡り、走る。
いいねぇ。
また、南東へ進めば「尼っ子リンリンロード」。
尼崎の、工場に囲まれた運河沿いを通る道。
ロード乗りにとって、なかなか珍しいシチュエーションだと思う。
いいねぇ。
とにかく、どちらかを走りたい。

ちなみに、過去、俺はどちらも走っている。
記憶として、感覚として、どちらが好きとか嫌い…は無い。
「どうしょうか?」
「神戸まで行ったら、帰って来んの面倒くさいよなぁ」
「距離あるしなぁ」
「うん、尼崎にしよ」
武庫川沿いのサイクリングロードから車道に上がり、そして東。
俺は尼っ子リンリンロードへ向かった。

つづく

前置きが長い割に、これから大して面白い話にもなりませんが、良かったら押して下さいね。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする