(924)疲れ、そして悩む俺は、新西宮ヨットハーバーへと走った。-2

鳴尾浜から甲子園浜に到り、次は西宮浜を目指す…わけだが、「はぁ…」。
溜息を漏らし、空を見上げる。
この日の天気と同じように、俺の気分は晴れない。
クランクを回しても回しても、常に悩みがのしかかっている。

さて、ここで俺の悩みについて語りたいが、少し回りくどい話の進め方になる。
ご容赦願いたい。
はいよ!
まず、前提から。
普段、パソコンに向かって仕事に従事し、パチパチパチパチ…と文字を入力する。
ブログの記事を書く時も、パソコンなりスマートフォンで文字を入力する。
この、文字を入力する作業。
仕事とブログ以外ではしたくない。
なるべくしたくない。
意味のあるメールで文字を入力するのはいいが、無駄なやりとりは気が進まない。

さて、前提を語ったところで、もうひとつの前提を語りたい。
本当に回りくどいが、ご容赦願いたい。
はいよ!
普段、「ほんまに鬱陶しいよなぁ」と感じるのが、LINEのグループ。
まぁ、みんな友達(知り合い)といえば友達(知り合い)だが、日常生活において特に意識していない…、まったく影響力の無い人たちの集合。
そんな彼らが、グループ内で思い思いにトークするわけだ。
ニーズの無い日常を。
正直、「こいつら、寂しいんか?」と思う。
まぁ、それはそれで結構。
だだ、俺からすると、どうでもいい人たちのどうでもいいトーク。
通知が入るたびに「だっる」という感情しか湧かないし、自分が積極的に参加したいとも思わない。
「うん」
ミュートにした。
「緊急連絡があれば、直接連絡があるやろ」と判断して。

クソほどどうでもいい、いくつかのグループ。
ミュートにはしているが、「気を使って3日に1回は目を通しておこう」。
そう心掛けている…つもりでもだ。
仕事でバタバタしていたため、忘れていた。
グループの存在をすっかり忘れていた。
「一応、チェックして既読にしとかなあかんなぁ」

グループのひとつが、「krmくん、誕生日、おめでとー」。
また別のグループでも、「krm、誕生日、おめでとー」。
「krmくん、おめでとー」
俺の誕生日がトレンドになっているではないか。
ただ、複雑な心境に陥ってしまう。
本音を言うと、「40半ばで誕生日なんかどうでもええやろ?」。
誕生日を迎えた本人すらも忘れていたレベルだ。
しかし、お祝いの言葉を頂いたからには素直に返したい。
「あんがとー」
「あんがとー」
「あんがとー」
「あんがとー」

それぞれのグループに目を通し、「あんがとー」を連発する。
ただ、ひとつだけ「どう処理しよか…?」。
頭を悩ませるグループがあった。
「あぁ、絶望的に面倒くさいわ…」

つづく

これからも読んでね。
押してね。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代男性日記へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする