(333)伊勢の旅に向けて、SHIMANO T15を買った。

今週の日曜のこと。
ウエムラサイクルパーツに行った。
バックパックを買いにね。

大阪には、Y’sロード大阪やシルベストサイクルなど気合いの入ったお店はあるが、俺は「買い物するなら、まずウエムラサイクルパーツへ」が基本。
価格と品揃えがいい。
所狭しと商品が陳列されている、ごみごみした雰囲気も好き。

で、バックパックについて。
俺は前からSHIMANOのR12を使っていた。
何かと収納するポケットが多く、ロード乗りにとって便利。
うん、便利は便利。
なのだが、不満も感じていた。

まぁ、そもそもの原因は俺の性格。
俺はずぼらだ。
面倒くさいことが嫌い。
R12には、普通にチェスト(胸)ベルトがあり、ウエストベルトまである。
もう、これが既に面倒くさい。
2箇所もロックするのが面倒くさい。
ウエストベルトにはポーチが付いていて、そこにハイチュウや飴を入れ、信号待ちのたびに口に含む。
食べながら、「ポーチがあって便利やなぁ」と感じるが、やはり面倒くさいが勝つ。
2箇所もロックするのは、本当に面倒くさい。

あと、12Lは旅に出るとなると容量が厳しい。
リュックに輪行バッグを入れて、1日分の着替え(なるべく少なくして)を入れて…でパンパンになる。
ビンディングシューズを履いて旅に出て、街に繰り出す用のスニーカーを収納しようにも、無理。
すぐにパンパンになり、入らない。
さらに、パンパンになると、ファスナーの開け閉めがスムーズに出来ず、テクニックを要する。
鬱陶しい。
ものすごく鬱陶しい。
また、中がパンパンになったせいで見た目がボコボコになり、サイドのポケットが使いにくくなる。
出し入れしにくくて仕方がない。
鬱陶しい。
特に暑い日は、鬱陶しさが倍増する。

あ。
あ。
ここまで書いて気付いた。
「別にR12が悪いんじゃなくて、内容量が小さめのバッグを選んだ俺がアホなだけでは?」。
そんな心境になってきた。

とまぁ、不満を抱きながらもR12を使い続けてきたが、新しくバックパックを買う機会が訪れた。
それは、伊勢のSさんのひとこと。
今週末に、このブログで知り合えたSさんとサイクリングし、牡蠣を食べに行く。
予約したお店は牡蠣食べ放題で、飲み物も調味料も持ち込みOK。
なので、醤油、レモン汁、柚子胡椒、バター、チーズ、そしてガスバーナーまでSさんが持参してくれると言う(有難い限りです)。
その話の流れで、「荷物は増えますが、先日購入したフロントバッグをロードに取り付けて収納したいと思っています」。
「Sさん…、対抗するわけじゃないけど、俺、ええ機会やからバックパック買いますわ」と思った。
そして、「荷物は分担して持ちましょう」とSさんに提案したが、「大丈夫ですよ」。
控え目にSさんはそう言う(メールでね)。
「まぁ、それならええか」と自分の中で処理しようとしたところ、「違う。対抗するわけじゃないが、やっぱり新しいバックパック買っておきたい。Sさんに誘ってもらった伊勢の旅、今回の旅がほんまにええ機会やから」。
その気持ちが俺の中に残った。

と、ここまで書いてね、やっとですわ。
やっと、この記事の1行目~3行目に戻り、東梅田の駅からウエムラサイクルパーツに向かって歩く俺。
もともと、目当ての物は決まっていた。
SHIMANOのT23。
スポーティーでコンパクトなR12に嫌気がさしていた俺は、大きめで口が広いバッグを買おうと決めていた。
ずぼらな俺にとって、口が広いことは大事な要素。
荷物を収納するというより、放り込む使い方をしたいのだ。
R12を使ってる時は、コンビニの前でチェーンを出そうとすると、バッグに入ってる物を底から全部出す必要があったり、また、逆に入れようとすると手間がかかる。
イライラする。
もうね、面倒くさいのが嫌いな俺としては、口が広いのは本当に助かる。

SHIMANOのバッグ売場(バッグ売場はあるがSHIMANOだけ別)でT23を手に取り、チェックする。
「色々とギミックがあるなぁ」。
「けんたさん(YouTuber)が言うてはった通りやな」。

T23。
魅力的。
だが、「ここまで大きくなくてええんちゃうん?」とも思う。
「俺が想定するライドでは、T23を100%活用することも無さそうやなぁ」。
「大きいに越したことはないけど、無駄に大きいとマイナス要素もあるね」。
T23を手に取り、悩んだ結果、隣に陳列されているT15が気になった。

T15は、T23よりも内容量は少ないが、口が広い。
また、R12よりは多いので、「ちょうどいいんちゃうか?」と思う。
ポケットの数はR12の方が多く便利そうだが、実際使っていて「どこに何を入れたかわからんようになったわ!」なんてこともあったので、シンプルなT15は俺に合っているのかも知れない。
また悩みだした。
しかし、「T23よりちょっと安いし、これにしよ」。
レジに進む。

家に帰って、T15に少し荷物を詰め込んでみる。
「出し入れしやすいな」。
「内容量も問題無し」。
背負って走った時の感覚は、今のところわからないが、もう明後日だ。
明後日、T15を背負って伊勢に向かい、T15を背負って伊勢を走る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする