(158)rin project?メットを買おうとしたが、カスクも気になる。-1

普段、暇な時にスマートフォンをいじっていると、Y’sロードのサイトに目を通すことが多い。
「こんな商品が入荷しましたよー」という記事が中心なのだが、それを見て、「おー、こんな新商品があるんかぁ」と、ちょっとした勉強になるし、物欲を刺激される。

数ヶ月前にも、「カスクが入荷しましたよー」との記事があり、俺は興味を持った。
カスクとは、ラグビーのヘッドギアのような形状で、ヘルメットほどではないが、一応、頭を守る機能がある。

自転車が好きな人も、自転車には興味が無くても旅番組が好きな人なら、目にしたことがあるだろう。
NHKで放送されている、「こころ旅」。
その番組に、旅人として出演している火野 正平氏が、いつも頭に被っているのがカスクだ。
あと、カスクと言えば、ロード漫画「かもめチャンス」の車坂 弾吉も有名である(知らんけど)。

自分がカスクを被ってサイクリングしている姿を想像していると、「前向きに購入を検討しよう」という気分になった。
もう少し詳しく、ネットで調べてみようと、カスク関連の様々な記事を閲覧する。

カスクについて、よく目にした記述は、やはり「ヘルメットよりかは、安全性に劣る」という点。
ノーヘルよりかは、カスクを被っていた方が安全だが、ヘルメットほどではないと。
「となると、長距離を走るのは少し怖いなぁ」と不安を感じたが、「街乗りや、ゆるポタには最適」との記述もある。
なるほど。
その日走る距離やスピードによって、ヘルメットとカスクを使い分ければいいわけだ。
カスクの購入に対して、より前向きになった。

では、具体的にどのブランドのどの製品を、俺の中の購入リストに入れるか検討しよう。
ネットで調べると、rin projectというブランドのカスクがなかなか評判いいようだ。
さっそく、rin projectのサイトを確認する。

「これは、北斎の絵か?」。
妙に和テイスト(←この言葉、生まれて初めて使った)な印象を受けた。
また、スピードを追求して必死にクランクを回しまくる、本気のロード乗り向けではなく、「マイペースに自転車ライフを楽しみましょうよ」というコンセプトも感じられた。
製品ラインナップに目を通すと、カスクだけではなく、サイクルウェアもある。
「あ、アロハシャツやん。バックポケットもあるやん。ええやん」と、カートに入れそうになったが、踏みとどまる。
今、俺のターゲットは、カスクなのだ。

rin projectのカスクについて調べると、なんと、このカスク、火野 正平氏が愛用している製品のようだ。
「車坂 弾吉 愛用カスクやったら、即買いやったのになぁ」と、自分でもおもしろいと思わない冗談をつぶやいて、俺はページを閉じた。

俺がrin projectのカスクを被ってサイクリングをする、少し前の話である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする