(20)ビンディングは欲しいが、ペンギン歩きはしたくない。-2

ロードバイクの部品や工具を購入する際、大阪梅田のウエムラサイクルパーツに行くことが多い。
その理由として、まず、梅田という便利な場所にある点。
そこそこ大きい店内に、たくさんの商品が所せましと陳列されており、何かお宝が眠ってそうな雰囲気がある点。
目当ての物を探そうと店内をうろうろしている時、楽しくなることがある。
あと、特価品シール。
ほとんどの商品に特価品シールが貼ってあるんじゃないだろうか。
いつも、お得な良い買い物をした気分になる。

この日もビンディングシューズとペダルを買いに、大阪梅田のウエムラサイクルパーツに来た。
シューズ売り場は、入り口を入って右手の少し行ったところ。
何種類かあるSHIMANOのSPDシューズを見た。
そこそこ安目のシューズに目星をつけたが、色をどうするかで悩む。
今後、もし、派手なサイクルジャージを着る場合、シューズの色は、つぶしがきく黒か白がいいだろう。
黒か白、どちらを選択するか。
俺が乗っているロードバイクは、バーテープもサドルも白なので、シューズも白にした方が統一感があっていい。
SHIMANOのSPDシューズ(色は白。しかも、そこそこ安くてお得)に決定。

次に、SPDペダル。
何種類かあったが、事前に調べ、欲しいペダルの型番を控えていたので、それを買い物カゴへ。
今日は、いつもの詰めが甘い俺とは一味違う。
「このままシューズもペダルも買って、買い物終了」では、ない。
これまた事前に調べてきたのだ。
俺のロードバイクからノーマルペダルを外す時、そして、新たにSPDペダルを取り付ける時、ペダルレンチが必要になることを。
というわけで、ペダルレンチも買い物カゴに入れ、レジへ。
「抜け目なく、いい仕事をした」。
そんな気分になる。

家に帰り、SPDシューズのソールに、六角レンチでちまちまとクリートを取り付ける。
次に、ペダルレンチの出番だ。
ロードバイクのクランク(ペダルの根元にある棒)からノーマルペダルを外す。
ペダルレンチをペダルの付け根に差し込み、くぃっとまわすと簡単に取れた。
右のペダルは左回し、左のペダルは右回し。
これさえ間違えなければ、問題なくできる。
次に、SPDペダルの取り付け。
ペダルのネジ部分にグリスを塗って、今度は逆に、右のペダルは右回し、左のペダルは左回しに締める。
完璧である。

作業中、ペダルレンチを回していると、なにか俺自身が自転車屋になった気分だ。
ロードバイクは、走ること以外にも楽しみがある。
ペダル交換を通して、それに気づいた。

※この記事は、2019年1月26日、俺が別のブログに投稿した文章を、加筆、修正したものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする