(298)嬉しくて、あなたにお願いしたいことがあります。

今年の1月にブログをスタートした(今とは別のサーバー)。
「ブログが大多数の人たちに支持されて、大晦日、俺は紅白の審査員席に座ってるやろな」。
そんなことをぼんやりと夢見ていたが、今のところ、大晦日にそのような予定は入っていない。
12月31日の予定は、大阪府立体育会館でWRESTLE-1の大阪大会を観戦するのみ。

あなたにとって、このブログはクソ記事が多かったと思う。
まぁ、書いてる側の俺にとっても、「確かにクソ記事量産したな」と感じるが、「今で300記事近くまできたで。300ってすごい」と自画自賛したい気持ちもある。
はっきり言って、このブログは不人気ブログだ。
読む側、書く側、ともにがっくりくることもあるだろう。
それでも続けてこれたのは、PV数をチェックする度に「少数でも読んでくれてる人いるやん」、「ありがとう」と思ったからだ。
本当に有難う御座います。
これを読むあなたに心から感謝しています。

が、俺は俺のこれからのために現実を直視しよう。
「それにしても不人気すぎるやろ」。
もうね、本当に不人気。
たまに「ロードバイク ブログ」というキーワードで検索して、他の人が書いたブログを読むが、俺と同じように誰の役にも立たないブログが結構ある。
ただ、PVは俺のブログより上。
桁が違う。
ロングライドしてルートラボを載せたり、ホイールなりウェアを買ってインプレしたり、メンテナンスの仕方を写真付きで解説。
そういった、人の役に立つブログにボロ負けなら理解できる。
が、「今日はこれだけ走って練習しました。エヘヘッ」といったブログにボロ負けの俺は、どれだけクソな記事を書いているのか?と何が何だかわならなくなる。

「無理して書く気も無いことを書くより、ある程度わがままに自分が楽しみ、読んでくれてる人も楽しんでくれたらいいなぁ」。
そんな思いで記事を書いているが、現実として紅白の審査員席にはまったく手が届かない。
不人気すぎる。

とまぁ、悲観的なことを書きながらも、投稿した後、実は内心大喜びしていたりもする。
俺の都合で、記事を更新するのは午後8時45分が多いのだが、午後9時ぐらいにPVをチェックすると、いつも3人の人が読んでくれている。
翌日になると、12PVまで上がる。
うち、1PVは俺なので(記事をチェックするため)、会ったこともない人が11人も読んでくれているのだ。
過去にも、毎回コンスタントに読んでくれている人が何人かいたが(有難う御座います)、2桁の大台に乗ったのは嬉しい限り。
やりがいを感じる。

そこでだ。
このブログを読んでくれている心優しい方にお願いしたい。
年末年始の休みに入って、「ちょっと暇やなぁ」と思ったら、伊達や酔狂でいいので、「お問い合わせ」で俺にメールしてもらいたい。
一応、このブログには、「お問い合わせ」がある。
スマートフォンでは、右上にメニュー(≡のマーク)があり、そこに「お問い合わせ」。
押すとメールフォームに遷移する。
ので、教えてほしい。
あなたのことを。
「これを読むあなたはどんな人なんかな?」と、素朴な疑問というか、興味があって。

教えてほしいことは、「自転車に乗ることが趣味なんですか?」ということ。
「自転車に乗るのは買い物に行く程度やけど、このブログを読んでます」でもいいし、「レースにガンガン出てます」でもいいし。
俺のように「マイペースに楽しんでます」でも、ご回答頂けると俺は嬉しい。
よかったら、「ここを走ると気持ちいいですよ」という情報も教えてくれたら嬉しいし、「××を走って××で飯食ったら満足しますよ」とアドバイスもしてもらいたい。

来年(2020年)も記事を綴り、今年とは違うもっと綺麗な形に編みたい。
それには、自分にとってすごくいい切っ掛けになると思うので、読んでくれている人、あなたがどんな人か教えてもらいたい。
お願いします。
「お問い合わせ」をお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする