(115)頼むから、俺を眠らせてくれ。ジロ・デ・イタリア2019。-1

ここ数日、3回もあった。
「朝、起きたらスマホを握っていた」という現象が。
原因は、わかっている。
ジロ・デ・イタリアのせいだ。

サイクルロードレースは、世界中で行われているが、特に格式があり、注目されるレースをグランツールという。
具体的には、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの三大レース。
その全てを観たいが、俺の家にはテレビが無い。
なので、DAZNで放映されるジロだけ、スマホで観ている。

ジロが開催されているイタリアと、俺がいる日本では、当然、時差がある。
レースでは明るい時間帯に選手は走っているが、ゴールは日本時間で午前1時~2時ぐらいになることが多い。
アホか!
眠たいっちゅーねん!

ただでさえ、今の俺は、スポーツ観戦に忙しいのだ。

まず、阪神を観なくてはいけない。
去年、最下位の阪神タイガース。
矢野監督になり、閉塞感がかなり無くなったと思う。
失敗OKという方針の下、若い選手がのびのびと、そして、積極的にプレーし、それなりに結果も伴ってきている。
特に、ルーキー近本選手。
チームが勝ちだしたのは、彼の打撃、走塁による貢献が大きい。
「1年目の選手が結果出してるのに、今までおったやつは何しとんねん?」と思っていたら、近頃は全体的に打てるようになってきた。
開幕前に期待された投手陣は、いざ始まってみると、「ボロボロやんけ…」。
俺は、半泣きになったが、最近は計算通り頑張ってくれている。
現在、貯金3。
団子状態のセ・リーグにおいて(DeNAは除く)、目が離せない。

さらに、皆様ご存知、「BEST OF THE SUPER Jr」が5月13日から始まった。
最早、説明不要だと思うが、念のために言うと、新日本プロレスのジュニアヘビー級のリーグ戦が始まったのだ。
が、「ここで一花咲かせるな」と思っていたエル・デスペラード選手が怪我により欠場。
皆様も心を痛めていると思うが、俺も同じなのだ。
俺は、5月30日大阪のチケットを取った。
その日に組まれていたオスプレイvsデスペを楽しみにしていたのに、カードが変更されてしまい、がっかりだ。
しかし、他の選手たちでリーグを盛り上げてくれることを信じ、全試合、注視したいと思う。

DAZNで阪神の試合を観ながら、新日本プロレスワールドに切り替え、野球とプロレスで興奮していると、少し遅れてジロが始まる。
この時点で、けっこう疲れているが、ジロを観なくてはいけない。
我がユンボ・ヴィスマのログリッチェ選手。
彼の総合優勝を見届けなくてはいけないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする