(826)不人気ブログ、変革の時か?~ロードバイクには乗らず、大人の嗜みとして怖い話を楽しみませう構想~

「誰が感動すんねん…?」
「ほんまに、こんなもん、誰が感動すんねん…?」
悩みながら、サイクリングロードを走る。

事の発端は、先日、投稿した記事。
「ロードバイクに乗って墓参りへ向かったところ、日が暮れてきました。怖い話が大好きな僕ですが、薄暗い墓場に足を踏み入れる度胸はありません」
確か、そんな内容の記事。
まぁ、どうでもいい話だ。
また、不人気ブログらしく、注目度も極めて低かった。

樽井駅から先祖が眠る墓場まで、もう10㎞も無い。あと少しだ。墓場へのルートは、「これを道なりに進んで、大通りに出て南へ…か」。スマートフォ...

が、「何や?」。
意外にも、twitterにおいて1件のリプライ。
「物好きな人もおるもんやなぁ」
そう思いつつ目を通したところ、「怪談をお教えしましょうか?」とのこと。
これは嬉しい。
怖い話マニアとして、素直に嬉しい。
「はい、お願いします」
返信する…前に「ちょっと待て」。
脳内でブレーキを掛ける俺。

返信してはいけない。
返信する前に、よく考えよう。
実は…だ。
俺は以前から考えていた。
「この不人気ブログをスターダムにのし上げるには、『怖い話』が必要やな」と。
「もう、それ以外に方法は無いな」と。
「正攻法で攻めるのは、諦めるべきやな」と。
そんなところに、読者から「怪談をお教えしましょうか?」だ。
もう、「天の導き」としか思えない。

とりあえず、「ブログの中に『怪談募集コーナー』を設けます」と返事し、構想を練る。
が、いきなり壁にぶち当たった。
単純に、「ロードバイク」と「怖い話」がリンクしない。

一応、このブログは「ロードバイクブログ」。
機材に関するインプレや、メンテナンスの仕方、イベント情報、ロードレースの速報など、ロード乗りにとって気になる記事が盛り沢山…ではないが(むしろ微塵もないが)、ブログの軸はロードだ。
一応。
そこに無理矢理「怖い話」をねじ込むのは難しい。
なら、どうすればいい?
考える。

「あ…」
「あ…」
気付いた。
まさに、発想の転換。
「ロードなんか、どうでもええわ!」
というわけで、今後、このブログを「ロードバイクには乗らず、大人の嗜みとして怖い話を楽しみませう」にしよう。
いいねぇ。
読者からの投稿を、そのまま記事に…。
いいねぇ。
俺としては、かなり楽。
助かる。
みんな、じゃんじゃん送ってね!

いや、ちょっと待てよ。
よくない。
全然、よくない。
読者が投稿した怖い話を記事にするサイトや、掲示板など、既に存在する。
新規参入は難しいだろう。
また、他人がしていることを俺がする…その意味を感じられない。
なら、どうすればいいか?
「ロード」と「怖い話」。
このふたつを融合させた記事、ブログ。
どうすればいいのか?

と、ここで行き詰まり、「ギブ…」。
完全に「ギブ…」。
俺は匙を投げた。

が、違う。
話が二転三転して申し訳無いが、ここからが本題。
サイクリングロードを走っている時、「あ!」。
閃いた。
「バシッ!」
膝を叩く。
「ロード」と「怖い話」の融合。
奇跡的に、俺は答えを手繰り寄せたのかも知れない。
それは、こうだ…。

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. トマニョロ より:

    何を手繰り寄せたのかワクワク!